スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
│posted at --:--:--│
2013.03.12(火)

うーんまだまだ

チェーンアラームかあ
まあ夢を見るくらいには効果あったよ

という訳で今度はいっちょ思いついた離脱法でもやるか
さて今度は以下の事を行います

まずはゲイとウェイさんにのっとってエネルギー変換箱でもやってその後始めましょうかね
最近気づいたけどあれってすごい重要なんだね
なんかやる気が集中するっていうか何ていうか

そして仰向けに横になっちゃって天井を見るんですね
その後目を閉じるとモヤモヤした暗い虹色が見えるからそれで瞼の裏に天井をスケッチスケッチしちゃって心像入身なりなんなりで離脱の予定

何か名倉がほうかいしていくとあの暗い虹色のモヤモヤに変わるから今度は自分で作ったらいいんでね?っていう事で考えたんだけどこれ結構行けるんじゃね
私起きてる間でも瞼の裏に風景描けるもん

という訳で今日からこいつで


そういえば最近広島は急にあったかくなったよ
空気の香りが変わってから大分経ってるけどどういう事だろう
でも昨日嵐の前みたいな気候だったからあれが本当だったのかな?

するともう桜が咲いてるのかな?
私の行動範囲には梅しか無いからよくわからないわ
去年まで気にならなかったけど梅に花びらが残ってるうちから桜は咲いてたかな
そういえば椿と芍薬もう咲いてたよ
私が芍薬だと思ってるの花はもしかして牡丹なのか?
ネットで調べてみたけど写真を見てもどっちつかずのただの綺礼な花としかわからなかったw

立てば芍薬座れば牡丹歩く姿は百合の花
って私のお母さんが好きな言葉

去年まではあんな花咲いてなかったと思ったのに

また鶯とヨシキリが帰ってきてる
寒くないうちはずっとその辺で鳴いてる
ヨシキリは何度か見たけど鶯は一度も見た事ないからみて見たいわ

お風呂の中で書いてるからちょっとグダってるけど気にしないでね


ついでに夢の事でも書いとこうかな








夢の世界で本屋さんに行ったら突然ジャッキーチェンのテーマが流れはじめた
私はここの店員さんジャッキー好きなんだ〜とか考えてた

そして現れる謎の中国人
ジャッキーでは無いただの中国国民と思われる男
そして本屋の店員である

男は中国語らしき言葉で私に話かけてきていた
男は中国人だからとかではなくあからさまに怪しかった

まず私に何を伝えたいのか知らないが距離がおかしい
鼻がひっつくんじゃないかっていうくらい近い
そして外されない視線喋っていようがいまいが私の目をジッと見続ける
私も友達が少なくてコミュ症な方だけどこいつは何かおかしかった
主に頭とかその辺が

そして男はおもむろに私の持っていた本屋を取り上げて開くとそのページをレロレロと舐めはじめた
今思い出しても鳥肌が立つ
ストーカーか痴漢の類だと思った私は慌てて逃げだした

本屋は途中からバイキングのレストランになっておりそこの床でテンパっていた私はツルッと滑って料理の乗っている台に激突してしまった
一瞬処理落ちしたのか何なのか滑った直後は何が起こったのかわからなかったが謎の変態の恐怖が残っていた私は料理台の事が少し気になったものの振り返らず急いでレストランの出口に向かった

出口はガラスの扉で真ん中にロボットが立っていた
何の為にあるのか知らなかったが私が近づくとロボットが扉を開けてくれた

外に出た私が家の場所をあの男に知られない様に帰る方法を考えていたら起きた


皆さんストーカー何て絶対ダメですよ
追いかけられる方の恐怖といったらちょっとしたホラーですからね





スポンサーサイト
│posted at 14:21:31│ コメント 0件トラックバック 0件
≫コメント 
≫コメントを書く







 削除や編集のときに必要です。
管理者にだけ表示を許可します。
≫トラックバック 
●この記事へのトラックバックURL

●この記事へのリンクタグ
プロフィール

ありあけmasterpeas

Author:ありあけmasterpeas
ようこそありあけの館へ
本日もよいリダンツ日和ですね
ここは微ダンツァー歴6年になる主がただひたすら好き勝手に夢日記やら離脱体験を書いたり、あとは本スレの有力な情報を個人的に保存しているブログだったりします。

あまり読みやすいブログではありませんが、日々精進してまいります。
どうかご容赦ください。

そして、ここでは「最近幽体離脱にはまった」で使われてる用語など、めちゃめちゃのぐちょぐちょに使って行くので覚悟してくださいね。

 
最新コメント

 
最新トラックバック

 
月別アーカイブ
かうんとぉ!!

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。